首都圏Xバンド気象レーダネットワーク(X-NET)

2006年より,首都圏の大学や試験研究機関の所有するXバンド気象レーダをネットワーク化し,首都圏における豪雨・強風の監視を行う研究を行っています.このネットワークはX-NETと呼ばれ,最新の観測結果が公開されています(暖候期のみ).

X-NET最新観測画像公開中

ドップラーレーダ

ドップラーレーダと呼ばれる気象レーダは,電波のドップラー効果を利用して降水の移動速度を検出することができます.1台のドップラーレーダのみではレーダに近づくまたは遠ざかる方向の速度成分しか検出することができませんが,複数台のドップラーレーダで観測されたドップラー速度を合成することにより,風向・風速の分布を求めることができます.

MPレーダもドップラー速度を観測する機能をもっています.

レーダネットワークの利点

X-NET参画機関およびレーダ所在地

首都圏にはXバンドのドップラーレーダやMPレーダを所有している大学や研究機関が複数あります.これらのレーダで観測されたデータをリアルタイムで防災科研に集約し,風向・風速の計算や降雨強度の推定を行うことにより,豪雨・強風の監視に関する研究を行っています.

レーダ所在地 レーダ運用機関 レーダの種類 観測半径
神奈川県海老名市 防災科学技術研究所 XバンドMP 80 km
東京都文京区 中央大学 Xバンドドップラー 64 km
神奈川県横須賀市 防衛大学校 Xバンドドップラー 64 km
千葉県木更津市 防災科学技術研究所 XバンドMP 80 km
埼玉県羽生市 日本気象協会 XバンドMP 80 km
山梨県甲府市 山梨大学 XバンドMP 64 km
千葉県我孫子市 電力中央研究所 XバンドMP 64 km
X-NET観測範囲