X-NET降雨強度/風向・風速
sels counter

リアルタイム降雨強度/風向・風速

このウェブページでは,防災科学技術研究所・ 日本気象協会・電力中央研究所のXバンドマルチパラメータレーダ, 中央大学・防衛大学校のXバンドドップラーレーダで構成される 首都圏Xバンド気象レーダネットワーク(X-NET)の観測結果を 試験的に,リアルタイム配信(約500 mメッシュで5分毎に更新)しています.

降雨強度/風向風速
風速

カラースケールは降雨強度(1時間当りの降雨量)を示します. 白い影で示される領域が降雨強度の観測範囲です. 灰色の影で示す領域は強雨による電波の減衰により降雨強度の推定が できない領域です. 矢羽根は高度1 kmにおける風向(旗や棒のついている方向が風上側です)と風速 (短棒: 毎秒1 m,長棒: 毎秒2 m,旗: 毎秒10 m) を示します.赤丸はX-NET参画機関のレーダの位置を示します. 地図情報には「国土数値情報(行政界・海岸線)国土交通省」を使用しています.

観測範囲外や降雨強度の推定ができない領域にも降水がある 場合があります.風向・風速は降水のあるところしか観測できません. そのため,矢羽根で示されていない領域にも強風がある場合があります.

MPレーダによる降雨強度

Xバンド(波長3 cm)のマルチパラメータ(MP)レーダは水平・垂直の二種類の 偏波を同時に送受信することにより,在来型の気象レーダよりも精度よく 降雨強度を推定することのできるレーダです. (詳しくは Xバンドマルチパラメータレーダによる降雨観測 をご覧ください.)

しかし,非常に強い強雨により位相情報の検出ができないほどの 降雨減衰を受け,降雨強度の推定ができない場合が希にあります (上図の灰色で示される領域). この降雨強度の推定ができない領域は,複数台からなるMPレーダの ネットワークを構築し,同じ降水を別の方角から同時観測することにより 解消されます.

首都圏Xバンド気象レーダネットワーク(X-NET)

ドップラーレーダと呼ばれる気象レーダは,電波のドップラー効果を利用して 降水の移動速度を検出することができます.1台のドップラーレーダのみでは レーダに近づくまたは遠ざかる方向の速度成分しか検出する ことができませんが,複数台のドップラーレーダで観測されたドップラー速度 を合成することにより,風向・風速の分布を求めることができます.

2006年より,防災科学技術研究所・中央大学・防衛大学校・日本気象協会・ 電力中央研究所 が共同でドップラーレーダのネットワーク(X-NET)を 構築し,リアルタイムで風向・風速を推定する研究が進められています. 上図の矢羽根で示される高度1 kmにおける風向・風速は,X-NET参画機関の ドップラーレーダ観測値から計算されています.

X-NETレーダネットワーク

ご利用にあたっての留意事項

リンク